【国際物流総合展】最新の物流機器やシステムが集い集まる展示会、国際物流総合展とは

国際物流総合展2018-最新の物流機器やシステムが集い集まる展示会

【国際物流総合展】最新の物流機器やシステムが集い集まる展示会、国際物流総合展とは

いよいよこの季節がやってきました。

最新の物流機器や物流システムの展示会が開催されます。今回で13回目の開催です。

国際物流総合展とは、最新の物流機器やシステムが集い集まる展示会です。

 

国際物流総合展2018情報

名称▼

国際物流総合展2018

〜アジア最大級の物流・ロジスティクスに関する展示会〜

 

目的▼

内外の最新物流機器・システム・サービス等のソフトとハードを一堂に結集し、交易振興・技術の向上・情報の提供・人的交流等を促進することを目的とする。

メインテーマ

ロジスティクスの今を知り未来に触れる

 

今年の開催▼

2018年9月11日(火)~14日(金)の4日間 10:00~18:00(最終日のみ17:00)

 

会場▼

東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東1~6, 8ホール

・最寄駅までのアクセス

りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分

ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分

 

 

弊社も出展します。

ブースは東5ホール 301 になります。

皆様のご来場を心よりお待ちします!

 

出展対象▼

保管機器システム・仕分けシステム・ピッキングシステム・搬送システム・産業車両・運搬車両

・パレット・コンテナ・サードパーティロジスティクス・エンジニアリング・コンサルティング・情報機器/ソフトウェア

・保管・輸送サービス・物流機器部品・物流業務支援製品・サービス・リスクマネジメント・トラック・出版・団体

・特別企画『拠点最適化ソリューション』

 

国際物流総合展各種データ

展示予定規模▼

500社/2,270ブース

前回開催(2016年9月)460社、団体/2,078ブース

 

来場登録予定者数▼

67,000名

前回開催(2016年9月)64,071名

 

国際物流総合展示会の楽しみ方

国際物流総合展示会の醍醐味は、他の展示会に比べて迫力満点!大型の物流機器が勢ぞろいする姿は圧巻です。

最新鋭の機器を見るのもいいですし、こだわりのブース装飾やチラシ、ブースでチラシを配られる方々の熱量に、「物流を変えてくんだ!」という気概すら感じさせてくれます。

 

また、時間がある方はセミナー参加をした方がいいと思います。毎回人気ですので、早めの予約をオススメします。

公式サイトURL:http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/visit/index.html

各種倉庫・工場の空間有効活用サービス紹介

【販売】各種ネステナー型ラック、パレットステージについて▼

【倉庫中二階・簡易中二階】パレットステージについて▼

【レンタル】ネステナー型・逆ネステナー型サンクロスターについて▼

【中古販売】マテハン製品の中古販売はこちら▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…
  2. 左右ガード付・前後ガードなし タイヤラックKNC 特徴 ・ラックに載せた保管物を前後から取り出…
  3. ロジスティックスの概念 ロジスティックスとは20世紀のアメリカでマーケティングのその中で1つの機能…

ピックアップ記事

  1. ロジスティックスの概念 ロジスティックスとは20世紀のアメリカでマーケティングのその中で1つの機能…
  2. 空間ラックサンクロスターシリーズ パレットサポート独立型/ ハイ型(キータイプ) -SK…
  3. 左右ガード付・前後ガードなし タイヤラックKNC 特徴 ・ラックに載せた保管物を前後から取り出…
ページ上部へ戻る