アマゾンが物流を重要視している理由

Amazonの物流戦略

アマゾンは今や日本でも当たり前のように利用されている通販サイトですが、その躍進の影にはKIVAなどの活用していることが挙げられます。

アマゾンはこれまでの通販会社の常識をことごとく覆していきました。そもそも通販会社というのは実店舗と同等、あるいはより安い価格で販売する仕組みになっています。つまり、商品1つ1つから得られる利益は全く多くありません。そのため、配送料などは通販会社側がカバーする余裕などはなく、物は安いが送料がかかるというのが多くの人々にとっての印象でした。しかし、アマゾンでは物流を重視する仕組みを確立し、一定価格を超える注文の場合は送料無料として運営しています。通販は送料がかかるという常識を覆したこの作戦は見事にヒットし、世界中に顧客を抱えることになりました。アマゾンで売られている商品は実店舗より安いケースも多く、送料もかからないとなると一体どうやって採算を取っているのかと思われる方もおられるかもしれません。アマゾンでは顧客の1注文あたりの利益が非常に少ないのですが、世界中の顧客からの注文を受けることで薄利多売で利益を爆発させています。例えば1回の注文で5円しか利益が出ていなくても、100万件の注目を受ければ500万円の利益を出すことが出来ます。極端にいえばこういったビジネスモデルを確立したのがアマゾンです。このような仕組みでの採算のとり方になっているので、アマゾンでは人々の生活に密着した商品を販売することが欠かせません。なるべく日用品のほとんどをアマゾンで買ってもらえるような状態にする必要がありました。そのため、売られている商品のラインナップの中にはコンビニやスーパーなどで当たり前のように販売されているものが含まれています。

アマゾンが物流を重視しているからこそ確立できたシステムの1つがプライム会員です。アマゾンではプライム会員になることにより、ほとんどの商品を送料無料で購入することが出来ます。通販において月額の費用が発生するというのは非常に珍しいことでした。しかし、費用対効果の大きさから瞬く間にプライム会員の数を増やすことに繋がっています。プライム会員の月額は400円ほどであり、ほとんどの送料が無料になるというメリットからするとかなり安い月額といえます。ここまで安い費用で送料を無料にすることが出来たのは、アマゾンが物流を徹底的に重視しているからです。プライム会員になると送料だけでなく、様々なコンテンツを楽しめるなど幅広いメリットが用意されています。

最近ではAmazonが生鮮食品の販売にも力を入れています。やはりすべての国で普遍的な価値を持つ食料品を販売することは、安定した営業を続けることにも繋がります。しかし、生鮮食品は通常の商品に比べて発送面に注意すべきポイントが増えます。送料無料でサービスを行うことも容易ではありません。アマゾンが物流を重視しているのはこういった事情もあるといえるでしょう。昨今ではドローンを使った配送などますますその方法は発展していくと見られます。アマゾンは世界的な人気を持つ通販会社なので、物流においても最先端を追いかけています。一方で宅配のドライバーへの負担や自然環境への負担などいくつか指摘がなされているポイントもあります。そういったポイントにどう応えていくかということは非常に重要なポイントになっています。また、多くの方がプライム会員になった後に、その会員をいかにして繋ぎ止められるかも今後の勢いに影響しそうです。大きな規模の市場を持つことで確立したビジネスモデルなので、これからの人口変動の影響も受けやすいとされていますが、全世界的に見れば人口は増加傾向なので安定した営業が出来ると見られています。です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 空間ラックサンクロスターシリーズ パレットサポート独立型/ ハイ型(キータイプ) -SK…
  2. マテハンとは マテハンとは、マテリアルハンドリングの略称で、生産拠点や物流拠点内の原材料、仕掛品、…
  3. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…

ピックアップ記事

  1. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…
  2. 左右ガード付・前後ガードなし タイヤラックKNC 特徴 ・ラックに載せた保管物を前後から取り出…
  3. 空間ラックサンクロスターシリーズ パレットサポート独立型/ ハイ型(キータイプ) -SK…
ページ上部へ戻る