BOM(部品構成表)・MRP(資材所要量計画)・MRP2(生産資源計画)とは

BOM(部品構成表)・MRP(資材所要量計画)・MRP2(生産資源計画)とは

BOM(部品構成表)とは

BOMとは何かというと、製品を作る時に必要な部品を一覧にして、製品の製造に関する大切な情報について端的に示した部品構成表の事です。
BOMは登録の仕方によって、サマリ型とストラクチャ型の2つに分ける事が可能です。

サマリ型とは

サマリ型は、製品に必要な部品の数を入力していくので、製品に必要な部品の総数が分かる為、部品の調達に非常に向いています。

ストラクチャ型とは

一方ストラクチャ型は、サマリ型とは違い製品が完成するまでの中間行程も入力していく事から構造型とも呼ばれています。膨大な数の中間行程がある場合は、サマリ型よりも便利です。
多くの企業は部品管理をするのに苦労しています。その為このBOMは不可欠です。一昔前まではBOMは紙で管理されていましたが、二重入力や誤記が発生して部品表間に矛盾が生まれて問題になっていました。

BOMシステムとは

そこで新たに開発されたのがBOMシステムです。これを利用する事で、ここの部品を使用するタイミングを特定出来、部品管理も効率化出来るようになった為、企業は部品不足によるボトルネックをなくせ、納期も正確に判断出来るようになりました。
さらにこのBOMシステムはCADや生産管理システム、資材購買システムと連携する事も可能なので、より製品情報管理の効率化をすすめる事が可能です。

MRP(資材所要量計画)とは

MRPとは何かというと、生産計画をもとにして、部品や原材料の必要数量の計画を立てる事で、資材所要量計画とも呼ばれています。
1970年代初頭にアメリカで導入され、日本には1970年代後半から用いられるようになりました。生産管理システムの部品や原材料の計算によく使われており、資材購買管理システムや生産管理システムのほとんどはこの機能を持っています。
MRPを導入するメリットは、適した資材の量や納期を算出出来るので、無駄のない発注をする事が可能という点です。一昔前だと、勘や経験で発注したり、在庫不足を防ぐ為に過剰発注を行っていたので、多くの在庫を抱えるケースがありましたが、MRPを導入する事で必要な量だけ発注をする事が出来るようになりました。
その一方で課題もあります。まず計画変更による調整業務が多いという点です。生産計画は市場の状況や顧客の都合で変わる事も少なくありません。
生産計画が変わってしまうと、当然システムの登録をしなおす必要があります。しかも生産計画の変更は1度だけでなく何回も発生する為、その都度調整しなければならない為意外と手間がかかってしまいます。
またデータの精度が高くないと力を発揮出来ないというのも課題の1つです。MRPは生産計画や部品表等のデータを見て資材計画を立てるのですが、これらのデータ自体が低ければいくらMRPシステムが優れていても意味がありません。その為このMRPの能力を最大限まで使用するには、前提となるデータの制度を高める必要があります。

MRP2(生産資源計画)とは

そこでこのMRPをさらに発展させたのがMRP2です。MRP2とは何かというと、MRPで管理していた部品や材料に加えて、人員や費用さらには設備までをカバーして算出する事が出来るシステムです。生産資源計画とも呼ばれており、在庫管理の概念を人員や費用、設備といった他の業務にも取り入れようという事で1980年代に生まれました。
部品や原材料に加えて、生産能力や人員、物流までカバーしてくれ、全ての工程を考えて出荷や生産、部品の調達計画を立てる事が出来ます。
MRPやMRP2はプッシュ型生産システムとも呼ばれており、上流の作業工程から下流の作業工程に、作業準備や原材料調達そして作業のタイミングを通知する事が出来るので非常に便利です。
しかしあらかじめ決められた計画に沿って進められる為、途中の行程で何かトラブルが発生した場合でも、止まる事無く別の行程は計画通りに進んでしまう為、在庫が過剰になる恐れもあるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ロジスティックスの概念 ロジスティックスとは20世紀のアメリカでマーケティングのその中で1つの機能…
  2. 左右ガード付・前後ガードなし タイヤラックKNC 特徴 ・ラックに載せた保管物を前後から取り出…
  3. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…

ピックアップ記事

  1. マテハンとは マテハンとは、マテリアルハンドリングの略称で、生産拠点や物流拠点内の原材料、仕掛品、…
  2. 空間ラックサンクロスターシリーズ パレットサポート独立型/ ハイ型(キータイプ) -SK…
  3. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…
ページ上部へ戻る