生産計画とは?製品の生産計画と原材料/部品の調達計画の立て方について

生産計画とは

生産管理の必要性

製造業などものを作るという場合に必要となってくるのは、いかに効率的に安くいい物を作ることができるかということになります。生産性を向上させるための手法はいろいろありますが、これはあくまで生産現場を主に考えた場合です。

しかし実際は生産現場だけの都合では作ることができない事情もあり、それは生産計画というもので、実際にものを作っても売れなければ利益にもならないため、いかに売れるタイミングに作り上げるかということがポイントになります。

生産計画とは

生産計画とは計画的に生産を行うための数量や納期等の指標なのですが、実際はほかの要因や内部の事情などによって計画通りに作ることが難しいのです。特に外部からの要因というのは多くあって、取引を行っているような得意先から数量や納期の変更が発生することが多くあります。またものを作るためには材料が必要になってきますが、これらきちんと作るタイミングで揃っていなければなりません。

例えば仕入先から納期が遅れてしまうということもあります。内部の事情というところでは、人材が急遽不足してしまい人手不足となってしまう、設備などの急なトラブルで動かすことができないなど発生します。

在庫回転率を考える

実際はそのようなことに対応することができるように在庫というものを抱えていますが、よく在庫回転率というような言い方をします。例えば1ヶ月分の在庫をもっているとすれば急にモノが作ることができなくても大丈夫であったり、得意先から急に数量を増やして欲しいと言われたような場合に対応することができます。しかし在庫をかかえるということはそれだけリスクにもなってしまいます。品質が劣化するという恐れもあり、余ってしまうと処分しなければならないことにもなりかねません。このようなことを踏まえて生産計画を立てる必要があります。

基本的な生産計画の立て方

基本的な生産計画の立て方は、中長期と短期にわけて立てるということです。中長期ということでは需要予測を立てますが、市場の動きや消費者のニーズなどによって変わってきます。そこで立てたものを実際に生産する過程で確定していくのが短期の計画となります。中長期の計画によって仕入先などと納期や数量の調整を行い、内部的な要因として人材などの確保を行っておきます。

計画を細かくそして具体的にしていく過程でそれら生産計画に合わせて、各工程を動かしていくということになります。もちろん生産計画はひとつの種類だけでなく、いくつかの商品があり、リードタイムも様々です。ひとつの商品だけなら人の手で計画を立てていくことは可能かもしれませんが、実際生産計画の立て方としては、コンピューターやシステムを利用して行う方法が一般的なのです。

生産計画を確定できるようになれば、製造としてもいかに効率よく安くいい物を作ることができるか考えて、生産性を向上させることができるようになります。必要な時に商品を作るためにも、必要なタイミングで材料を手配して仕入れなければならず、これらは所要量展開という方法で必要な数量だけでなく、リードタイムから納期を計算をする方法が一般的なのです。そして内部的な要因として考えられる機械などのトラブルについて、発生してから修理を行うのではなく、発生をする前に事前にメンテナンスを行って修繕してトラブルが発生しなように動かします。

生産計画のポイント

生産計画とはお客様に満足をいただくことができる品質で数量と納期を約束するというものなので、いかに計画に作ることができるのかがポイントになってきます。在庫は常に適正を維持しておくこと、その上で中長期の日程計画と短期の日程計画を作り、お客様のニーズと所要量展開と材料の調達、仕入のタイミングなどそれぞれの接点をいかにうまくつなげるかが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 左右ガード付・前後ガードなし タイヤラックKNC 特徴 ・ラックに載せた保管物を前後から取り出…
  2. マテハンとは マテハンとは、マテリアルハンドリングの略称で、生産拠点や物流拠点内の原材料、仕掛品、…
  3. ロジスティックスの概念 ロジスティックスとは20世紀のアメリカでマーケティングのその中で1つの機能…

ピックアップ記事

  1. マテハンとは マテハンとは、マテリアルハンドリングの略称で、生産拠点や物流拠点内の原材料、仕掛品、…
  2. ロジスティックスの概念 ロジスティックスとは20世紀のアメリカでマーケティングのその中で1つの機能…
  3. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…
ページ上部へ戻る