IE(インダストリアルエンジニアリング)と生産管理について

期間別生産計画とは

IE(インダストリアルエンジニアリング)とは

IEとは何か、IEと聞いたときにブラウザの名称の一つだと考える人も多いのではないでしょうか。ここでのIEはブラウザの呼び名ではなくインダストリアルエンジニアリングの略語においてのIEです。インダストリアルエンジニアリングは、産業工学もしくは生産工学のことを意味するもので、最初に導き出す予算から原価管理や生産技術の開発および応用、経営管理システムや経営組織など経営を行う上で様々な問題点の合理化を工学的なやり方で進めていく手法のことをいいます。

人材から設備、モノづくりおいての材料に至るすべての統合的な生産システムを作り出すことをインダストリアルエンジニアリング(IE)と呼んでいます。尚、IEと生産管理との関係についてですが、インダストリアルエンジニアリング(IE)では、生産の時間的な管理、オペレーションズリサーチでの工場建設から生産計画まで、生産効率の徹底化を図ることや一貫生産の管理を容易に行うことができるようにするための、生産日程の計画性までを含めたものです。

IEは戦後の日本にアメリカから導入

社会人で働いている人の中でモノ作りに携わっている、しかも生産管理の仕事をしている人であればインダストリアルエンジニアリングの概要についての知識が豊富にあるのではないでしょうか。IEは戦後の日本にアメリカから導入されたなどの歴史を持つもので、簡単にいうと工程管理技術の一つです。工場の中の工程および作業を分析する手法をIEと呼んでおり、日本の車メーカーでの生産方式の現場など多くの工場で採用が行われている手法です。ちなみに、IEとはIndustrial Engineeringの略語で、日本語に直訳すると生産工学などの意味を持つ言葉です。IEの最大の特徴は、無駄がない最善の方法を創出するための手法であること、生産性の向上および原価低減を行うことができるなどのメリットを持ちます。この手法を利用して改善する活動のことをIE活動と呼ぶのですが、この活動には様々なものがあります。

例えば、顧客が求めている品質および性能を持つ製品を、低コストで製造を行う所定の納期の中でモノ作りを完了させるための工程。作業・運搬・レイアウト・治工具・管理手続きなど、流れ・順序・方法・配置・能率各種のデータを収集および科学的に分析する、効率向上の原則や5W2H法なおで業務上でのロスや無駄を発見する、改善策を念入りに調査を行って多くの衆知を結集する、能率の維持および品質改善に向けて組織内で取り組むための手法です。

5W2H法とは

5W2H法は、5W1Hの手法に対して5W1H法にハウトゥーマッチを加えたものであるなどの評判がありますが、IE法を活用する目的にはどのようなことが挙げられるのかが気になっている人も多いといえましょう。IE手法を利用する最大のメリットには、分析手順が間違っていないのであれば、誰もが同じ結果を得ることができるのではないでしょうか。事実を定量的に調査を行うことで、誰もが同一の結果になる、記号化や図表化すれば共通の言語でのやり取りができるなど、IEを利用する上でのメリットがあります。ただ、この手法を利用するときにはいくつかの注意点がありますので、ポイントを掴んでおくことが重要です。例えば、IEを使うときには客観的であること、定量的に見ることで問題自体を定量化につなげることができる、事実はありのままで分析をする、記号・図表・グラフなどを用いること、系統的に分析していくなどが挙げられます。

尚、IEと生産管理との関係はIEの手法の種類に応じて変わるといっても過言ではなありません、IEには時間研究や工程分析など分析の項目が多数ありますので、これらの項目との関連性を常に考えておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 空間ラックサンクロスターシリーズ パレットサポート独立型/ ハイ型(キータイプ) -SK…
  2. ロジスティックスの概念 ロジスティックスとは20世紀のアメリカでマーケティングのその中で1つの機能…
  3. 左右ガード付・前後ガードなし タイヤラックKNC 特徴 ・ラックに載せた保管物を前後から取り出…

ピックアップ記事

  1. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…
  2. マテハンとは マテハンとは、マテリアルハンドリングの略称で、生産拠点や物流拠点内の原材料、仕掛品、…
  3. 左右ガード付・前後ガードなし タイヤラックKNC 特徴 ・ラックに載せた保管物を前後から取り出…
ページ上部へ戻る