期間別生産計画(大日程計画・中日程計画・小日程計画)とは?効果的な立て方

期間別生産計画とは

期間別生産計画とは

期間別生産計画とは大日程計画と中日程計画、そして小日程計画の3種類のプランをまとめた総称です。
そもそも生産計画とは1種類の商品を効率良く手掛け、また欠品がないように在庫を継続的に補給できるように需要の流れを計算しながら販売のプランも計算していく予定表となっています。生産に関わるプランや原材料の調達、さらには在庫の設定など生産には様々なポイントにこだわらなくてはならないです。
そんな機関別生産計画は日本工業規格、もといJISによって日程が規定されています。

大日程計画とは

それぞれのプランを立案しなくてはならないわけですが、なかでも大日程計画はもっとも基本的です。プランを考案した企業の目的や生産の基本方針、さらには1年から数年ほどの長期的な生産量や戦略が計算されています。そのため別名「長期の生産計画」と呼ばれており、月別や年別など細かい年月で考えなくてはならないです。また場合によっては生産量を向上させるための設備投資の書類の作成、新製品の開発や正社員の雇用などスケールが大きいところが特徴として挙げられます。期間や方法など具体的な内容は企業ごとに異なるものの、長い時間がかかるほど重宝されているのは共通点です。特徴としては予測から立案していくところが挙げられます。

中日程計画とは

次に中日程計画は大日程計画に基づいて月単位の内容にし、なおかつ部門別の生産を決めていくプランです。
別名「月次計画」と呼ばれており、1か月から1年ほどのプランを細かくまとめていって毎週使えるようにします。主に在庫や設備、人員や外注など製造の現場をサポートするようになっていますが、実際に受けた注文のデータに基づいて作成されるのが特徴的です。

小日程計画とは

そして最後の小日程計画は毎日の作業の予定を決めていきます。
3種類の中で最も現場に近く、最も複雑化しています。その理由は簡単で、製造の指示を出すためには生産ラインやその負荷、納期に効率的な方法、さらにシフトや備品別の作業内容など生産の手順が設計できるようにしなくてはならないからです。
相応の知識が求められるため、最近では「スケジューリングソフト」という生産管理のサブシステムを多くの企業が用いています。これにより製造の手順をつくり、人間が調整していくのが現状です。
しかし、ソフトといったコンピューター機能に頼る事こそ効果的な立て方とされています。
先述したように3種類のプランは時間別になっているものの、それぞれの内容がそれぞれに影響を与えているのが基本です。そのためスケールは大きく、慎重に手掛けたとしても矛盾している部分があってもおかしくはありません。他にも綴った文章が誤字になっているせいで予想外のトラブルを招く恐れがあります。
こうした人的ミスを考慮すれば、計画を管理できる生産管理システムを頼ったほうが賢明です。
在庫や設計など計画に欠かせないポイントをリアルタイムで把握できるうえに、不利益を避けやすいとされています。他にもプロジェクトの詳細を詰めるためにガントチャートの使用がおすすめです。ガントチャートはいわゆるグラフで、元々現場の監督が現状をすぐに把握するために作られました。しかしその分かりやすさからスケジュール確認など管理など様々な場面で使われるようになっています。基本的にグラフは横が時間で、縦が作業内容と設定され、タスクやノルマの情報がグラフで表示される仕様です。もっともプロジェクトは企業ごとによって異なり、その際によってはいくら分かりやすいガントチャートであっても不適切になる可能性があります。
プロジェクトで大切なポイントは全体的な流れです。
生産能力のアップも大事ですが、そもそもは納期と継続力を支える事がプロジェクトの目的であるのでそれを忘れずにいれば効果的な立て方が分かっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…
  2. 空間ラックサンクロスターシリーズ パレットサポート独立型/ ハイ型(キータイプ) -SK…
  3. 左右ガード付・前後ガードなし タイヤラックKNC 特徴 ・ラックに載せた保管物を前後から取り出…

ピックアップ記事

  1. 倉庫中二階・仮設中二階/パレットステージ(特許出願済み) 特徴 ・パレットステージはハイ型連結タ…
  2. マテハンとは マテハンとは、マテリアルハンドリングの略称で、生産拠点や物流拠点内の原材料、仕掛品、…
  3. 空間ラックサンクロスターシリーズ パレットサポート独立型/ ハイ型(キータイプ) -SK…
ページ上部へ戻る